Switch News

switch news

不思議、面白い、感動…一歩先行く、海外のニュースをお届けします。

オーストラリアの山林火災を3次元で可視化、イメージ画像が話題に

f:id:switch-news:20200109083247j:plain

Anthony Hearsey

リエーターが作ったオーストラリアの山林火災を示した立体イメージ画像が、注目を集めている。

 

3次元可視化をしたイメージ画像

 

その画像を制作したのは、主に写真の加工を専門にするクリエーターのAnthony Hearseyさんだ。

 

彼は昨年12月5日から今年の1月5日までの、NASAのFIRMSという火災に関する衛星データを使用。

 

山林火災が起きている個所を強調した「3D visualization(3次元可視化)」を行い、画像を作り上げた。

 

f:id:switch-news:20200109083330j:plain

Anthony Hearsey

f:id:switch-news:20200109083351j:plain

Anthony Hearsey

f:id:switch-news:20200109083413j:plain

NASA

全てが現在も燃えているわけではない。

 

これは写真ではなく、あくまでもイメージ画像になる。実際、この画像で赤く映っている場所全てが、現在も燃えているわけではない。

 

また縮尺もレンダリングの陰影によって、多少誇張されている箇所があるという。

 

ただし基本的には、NASAのウェブサイトからの情報に、忠実になっているそうだ。

 

この画像はSNSに「写真」として投稿されて、多くの人々の注目を集めたが、Hearseyさんは「写真」であることを否定。情報源や製作過程を伝え、「編集したもの」であると明らかにした。

 

このような形で表現されると、オーストラリアの被害の大きさがよく分かる。一日も早く火災が収束することを祈りたい。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com