switch news

不思議、面白い、感動…一歩先行く、海外のニュースをお届けします。

カナダで作られた巨大な雪の迷路、今年は2倍の大きさでオープン

f:id:switch-news:20210302071342j:plain

Instagram/amazeincorn

毎年、カナダで作られている巨大な雪の迷路。今年はさらに大きものが作られたという。

 

今年は約2倍の大きさ

 

その雪の迷路が作られたのは、マニトバ州の街、セント・アドルフだ。

 

この迷路は2019年に、世界で最も大きな迷路として、ギネス世界記録に認定されたという。

 

しかし今年は、新型コロナウイルスの影響により、約2倍の大きさの迷路が作られたそうだ。ちなみに2019年の時の、迷路の面積は2789平方メートルとなる。

 

www.instagram.com

スペースが広く、人との距離も保てる

 

この迷路を作るのにかかった時間は、6週間。通路は広く作られ、人々には多くのスペースが与えられているという。

 

これにより、利用者はソーシャルディスタンスを保ちながら楽しむことができるそうだ。また安全規則は多く設けられており、利用者はフェイスマスクが必須。1世帯あたりのチケットは限られており、利用者は手指消毒剤を使用できるという。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Tyler Carr (@tylercarrfm)

www.instagram.com

 

共同オーナーのAngie Masseさんは、次のように語っている。

 

「COVIDやすべてのことを考え、私たちはそれをもっと大きくしたかったのです。そして今年は、現在保有している世界最大の記録よりも約91%大きくなっています。」

 

www.instagram.com

 

大きな迷路で迷子にならないか心配だが、利用者は携帯電話から空中ショットを覗き見ることができるという。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com