Switch News

switch news

不思議、面白い、感動…一歩先行く、海外のニュースをお届けします。

雪の吹きだまりで6匹の子を産み3週間耐えた犬、救出される

f:id:switch-news:20200226065650j:plain

Facebook/Red Lake Rosie's Rescue

米国ミネソタ州の郊外で、生まれたばかりの6匹の仔犬と母犬が、雪の中から救出された。保護したアニマルシェルターのスタッフは、犬たちが雪嵐を耐えて生き抜いたことに驚いている。

 

深さ30cmの吹きだまりの中に

 

犬たちが見つかったのは、ミネソタ州北部にあるレッド湖の南岸付近。

 

林に近い深さ30cmほどの雪の吹きだまりの中で、母犬が6匹の仔犬を抱くようにしてうずくまっているのをある家族が発見し、車で地元のアニマルシェルターに運んだ。

f:id:switch-news:20200226065737j:plain

Facebook/Red Lake Rosie's Rescue

犬たちを保護したアニマルシェルター「Red Lake Rosie’s Rescue Shelter」は、母犬をスノーベルと名付け、発見された時の写真をFacebookに投稿した。そこには「スノーベルと仔犬たちがどうやって生き残ったのか、見当もつかない」という驚きのコメントがある。

 

また、仔犬たちは生後約3週間ほどだったとのこと。一般的に犬が普通に歩けるようになるのは生後3週間頃のことで、それ以前は満足に動けない。シェルターのスタッフは、スノーベルが雪の中で仔を産み、そのまま仔犬と一緒に3週間を過ごしたのだろうと考えている。

f:id:switch-news:20200226065821j:plain

Facebook/Red Lake Rosie's Rescue

ミネソタ州の冬は寒さが相当厳しいらしく、投稿文の中には「この地の厳しい冬に(動物の)シェルターと食べ物がどれだけ必要かを、この写真が表しています」と書かれている。

 

今は元気で里親募集中

 

シェルターに運ばれたとき、スノーベルの乳は出なくなっており、仔犬たちはお腹を空かせていたそう。だが、暖かいシェルターで餌をたっぷり食べたスノーベルは、数日後にまた乳を出し始めた。

f:id:switch-news:20200226065853j:plain

Facebook/Red Lake Rosie's Rescue

スノーベルはゴールデン・レトリバーとオーストラリアン・シェパードの混血。今はアシャ(Asha)と改名されて、同州で里親募集活動を行う団体「Pet Projects in Nerstrand」に、仔犬と一緒に引き取られている。

 

アシャと2匹の仔犬(バリーとデラ)は予防接種などを済ませ、里親が現れるのを待っているとのこと。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

今度は中東!バーレーンに巨大なバッタの群れが襲来、空を覆い尽くす【動画】

f:id:switch-news:20200225070237j:plain

Twitter/Girish Govindankutty

先日、アフリカ東部でバッタが大量に発生したことをお伝えしたばかりだが、今度は中東でもバッタの群れが確認された。

 

サウジアラビアにも広がっていた

 

そのバッタの群れが撮影されたのは2月20日、場所はバーレーンのハイウェイとされている。

 

動画には、走行中の車の上空を無数のイナゴが飛び交い、視界さえ見え難くなったため、車がスピードを落とす様子が映っていた。

 

しかもこのバッタの群れはバーレーンだけでなく、サウジアラビアのリヤドやメッカ、カシムの街を含む一帯に広がっていると考えられている。

アフリカ東部でも発生したばかり

 

専門家によれば、イナゴの大発生は低気圧によるもので、イエメンやオマーンから、サウジアラビア東部のダンマームやAl-Ahsa、アブカイクにまで強風に乗って広がった可能性があるという。

 

この少し前はアフリカ東部でイナゴが大発生し、エチオピアソマリアケニアなどの食料供給を激減させたとも言われている。

 

その時のイナゴの数は3600億匹とも考えられており、ジブチエリトリア南スーダンウガンダサウジアラビアやイエメンでも作物にダメージを与えたそうだ。

 

アフリカではモスクワの街のサイズもあるイナゴの群れが移動しており、専門家は以前の群れで若いバッタが育つことから、4月にも2番目の大きな群れが出現する可能性があると警告しているという。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

KFCがフライドチキン・クロックスを発売、NYファッションウイークにも登場

f:id:switch-news:20200224082351j:plain

crocs

KFC(ケンタッキーフライドチキン)がサンダルになった。サンダルメーカーのクロックスとコラボして、ユニーク過ぎる限定バージョンを発表。今年の春から一般販売される。

 

チキンを履く

 

その過激なクロックスサンダルは、甲の全面にフライドチキンがプリントされており、底の部分は赤白ストライプのKFCの箱と同じデザイン。

 

f:id:switch-news:20200224082457j:plain

crocs

クロックスには、「ジビッツ」という名の、付け外しできる専用アクセサリーがあるが、このKFCバージョンにはフライドチキン(ドラムスティック)そっくりのジビッツが2つ付いている。しかもそこに、フライドチキンの香りがつけてあるそうだ。

f:id:switch-news:20200224082516j:plain

crocs



KFCの米国本社がプロモビデオをツイッターでシェアしている。見てみると、全てが冗談に思えるほどおかしい。履物と食べ物をごっちゃにして良いのだろうか…。

ニューヨーク・ファッション・ウィークに登場

 

発表されたクロックスは2種類で、1つは通常のタイプ、もう1つは超厚底タイプ。超厚底の方は2月11日、韓国のマルチアーティスト・Me Love Me a Lotさんが履いて、ニューヨーク・ファッション・ウィークの舞台で披露した。

 米国KFCのマーケティング責任者であるAndrea Zahumensky氏は、「クロックスとフライドチキンを融合させたこのシューズは、フライドチキン・フットウェアの夢をかなえるものです」とコメントしている。

 

また、クロックスのシニアバイスプレジデントであるTerence Reilly氏は、「ケンタッキー・フライド・チキンとの提携は、当社(クロックス)のクラシックなサンダルを、信じられないほど楽しくファッショナブルにしてくれるでしょう」と述べている。

 

超厚底タイプはデモンストレーション用で、販売の予定はないとのこと。厚底でない通常タイプは、今年の春から限定販売が開始される。日本のショップや公式サイトで取り扱いがあるかはまだ不明だが、英語の公式サイトにメールアドレスを登録すると、今後の詳しい情報を得られるようになっている。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

戦争の恐怖から救うために…娘を楽しませるシリア人の父親の動画が胸を打つ

f:id:switch-news:20200223073421j:plain

Twitter/Ali Mustafa

戦禍に巻き込まれたシリアの街で、娘が怯えないよう、あえて楽しませようとする父親の動画が注目を集めているのをご存知だろうか。

 

娘を怖がらせないためにゲームを思いつく

 

その父親とは、シリアの反政府勢力の拠点、イドリブ県の街、Sarmadāに避難している、Abdullah Mohammadさんだ。

 

この地域では毎日のように空爆などが行われているのだが、彼は3歳になる娘のSelvaちゃんが爆発音に怯えないよう、戦争の悪夢から救うためにあるゲームを思いつく。

 

それは爆発音をおもちゃの鉄砲の音に見立て、近くで音を聞いたら、できる限り大声で笑うというもの。

 

そして公開された動画には、爆発を聞いた時、Selvaちゃんが元気よく笑う姿と、それを優しく見守るAbdullahさんの姿が映っていた。

しかし家のドアの向こうには、戦争という過酷な現実が依然、残ったままだった。

 

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』に似ている

 

Abdullahさんは、このゲームを思いついた理由について次のように語っている。

 

「私はSelvaの心理的状態を崩壊させないために、このゲームを娘に教えようと決めたのです。つまり恐怖から来る病気に影響されないためです。娘は子供です。戦争を理解していないのです」

 

またAbdullahさんは「恐ろしい音を楽しいことに変えることで、心の傷を負わないようにしてあげたかった」とも語っている。

 

動画を見たあるユーザーは、このゲームが映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のシーンと共通点があると指摘している。

 

ライフ・イズ・ビューティフル』では、ナチス・ドイツの下で迫害を受けるイタリア系ユダヤ人の父親が、強制収容所でも子供に生き延びてもらいたいと願い、常に明るく振る舞い、「これはゲームだ」といって励ます様子が描かれている。そして父親はナチスに連行された時もおどけて見せ、子供を安心させた後、銃殺されてしまう。

 

現在のシリアの状況は?

 

シリアは現在、反政府勢力の最後の拠点となっている北西部のイドリブ県などに対し、アサド政権が後ろ盾であるロシアの支援を受けて攻勢を強めている。

 

アサド大統領は2月17日のテレビ演説で「イドリブやアレッポを解放する戦いは続く」と述べ、反政府勢力の支配地域への攻撃を続ける姿勢を示したという。

 

イドリブ県とその周辺では、アサド政権側と、反政府勢力を支援するトルコ軍との交戦も起き、市民が置かれた状況は日に日に悪化している。



国連はこの日、戦火を逃れようと避難した人はこの2か月余りですでに90万人に上り、多くは女性や子どもだと指摘した。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

神秘的な美しい自然の数々…国際的な風景写真コンテストの入賞作品を発表

f:id:switch-news:20200222072425j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Sander Grefte

風景写真の国際的なコンテストが行われ、先日入賞作品が発表された。

 

3403点の作品がエントリー

 

そのコンテストとは、「International Landscape Photographer of the Year 2019」。

 

昨年、840名の応募者の中から3403点の作品がエントリーされ、風景の美しさなどを競いあったという。

 

そして前回の優勝者であるAdam Gibbsさんを含め、6人の審査員が全ての作品を慎重に評価。

 

この結果、最優秀写真家にはロシア出身のOleg Ershovさんが選ばれた。最優秀写真にはフランスのMagali Chesnelさんの作品が選出されたという。それでは入賞した作品を見ていこう。

 

美しい風景の数々

 

まずはOleg Ershovさんの作品。アイスランドの「Bláfellsá」で撮影。氷が金属質な光沢を帯びている。

f:id:switch-news:20200222072153j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Oleg Ershov


 次もOleg Ershovさんの作品。イングランドのビーチである「Fleswick Bay」で撮影。

f:id:switch-news:20200222072230j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Oleg Ershov

下はAnke Butawitschさんの作品。撮影場所はポルトガル領のマデイラ諸島

f:id:switch-news:20200222072306j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Anke Butawitsch

下はCraig Billさんの作品。アメリカ、アリゾナ州で撮影。

f:id:switch-news:20200222072330j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Craig Bill

Yang Guangさんの作品。撮影場所は中国の「バダインジャラン砂漠」。

f:id:switch-news:20200222072401j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Yang Guang

Sander Grefteさんの作品。カリブ海にあるオランダ領、「ボネール島」で撮影。

f:id:switch-news:20200222072425j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Sander Grefte

Kai Hornungさんの作品。撮影場所はアイスランドの滝「Hangandifoss」。

f:id:switch-news:20200222072444j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Kai Hornung

Peter Adam Hoszangさんの作品。中東オマーンの「Sharqiya Sands砂漠」で撮影。

f:id:switch-news:20200222072508j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Peter Adam Hoszang

Ignacio Palaciosさんの作品。撮影場所はブラジルの「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。

f:id:switch-news:20200222072527j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Ignacio Palacios

Kuo Zei Yangさんの作品。台湾北部の滝で撮影。蛍だろうか?周囲に輝く黄色い光が美しい。

f:id:switch-news:20200222072543j:plain

International Landscape Photographer of the Year/Kuo Zei Yang

これらの作品は今後、本として出版される予定だという。まだまだ数多くの美しい写真があるので、是非サイトもご覧いただきたい。(了)

www.internationallandscapephotographer.com

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

半径は144km、米上空でレーダーが巨大な渡り鳥の群れをとらえた!

f:id:switch-news:20200221203628j:plain

Twitter/NWS Key West

アメリカの上空で大規模な渡り鳥の群れが、気象レーダーによってとらえられた。

 

半径は144km、実際はそれ以上か

 

その姿が確認されたのは2月17日、場所はフロリダ州の先端にあるキー・ウエスト上空とされている。

 

この巨大な渡り鳥の群れは米国立気象局のレーダーによってとらえられたのだが、最初にその姿を検知したのは真夜中で、その後群れはキー・ウエスト全体に広がっていったという。

 

気象学者は、この群れの半径は少なくとも90マイル(約144km)に及ぶと見ているが、実際はずっと巨大だったとも考えている。

大気が安定する夜に飛び立つことも

 

渡り鳥は毎年、118種以上がカリブ海中南米の冬の後に、北米へ戻ってくるそうだ。

 

その群れの数は数十万羽から数百万羽に及ぶとされ、渡り鳥は自らの飛ぶ方向が見つけやすくなるため、しばしば夜に飛び立つとも言われている。

 

実際、星や月が飛行の手助けをし、夜の方がより大気も安定するため、一定のコースを飛ぶのに役立つという。

 

とはいえこのような移動は大抵検知されないのだが、2月17日の大気の状態によって、レーダーが数時間かけて移動する鳥たちの群れをとらえることができたとされている。国立気象局キー・ウエスト事務所の気象学者、Kate Lenninger氏は次のように述べている。

 

「私たちの上空に、ある種の安定した空気の層があり、それがレーダーのビームをより地表近くまで偏向させたのです。そのため私たちはより低い高度にいる物体をとらえることができたのです」(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

コロナウイルスに感染した中国の夫が、感染した妻をいたわる動画、涙の拡散

f:id:switch-news:20200220102202j:plain

Twitter/People's Daily

新型コロナウイルス(COVID19)に感染した高齢男性が、病床の妻の口に食べ物を運ぶ。その妻もまたCOVID19の感染者——こんな胸が痛くなるような動画が、SNSで拡散されている。

 

妻の病室に行き看病する夫

 

現在12万回以上再生され、3000を超える「いいね」が付いているそのツイッター動画は、今月12日に中国「人民日報」が投稿したもの。

 

映っているのは、82才の男性が自分の点滴バッグを持って、妻の病室を訪れているところ。彼も、彼の妻も、新型コロナウイルス(COVID19)の患者だ。

 

男性は心配そうに老齢の妻の様子をうかがい、妻の口に箸で食べ物を運び、プラスチックのカップで水を飲ませる。

 

投稿された動画には、こんな文が添えられている。

 

君を永遠に愛する、1日も欠かさず、永遠に:COVID19と診断された87才の男性が、点滴ボトルを持って、隣の病室にいる妻を訪れる。その妻もまたCOVID19の患者。彼は妻に丁寧に水を飲ませ、食べ物を食べさせる。早くよくなりますように!

中国の国外からも反響

 

投稿文やバックの音楽に、多少演出がかったものは感じられるが、この動画に素直に感動した人は多い。ツイッターには中国以外の国からもたくさんのコメントが寄せられている。

 

何が起ころうとも、二人はずっと一緒。このような愛が引き裂かれることは決してない。中国のために祈ります。——Cristine Red Ambition@christinevirgo0

 

彼女が持ちこたえられますように。二人に神のご加護あれ。——Gill Sharp@gillksharp1

 

二人の愛と健康が永遠でありますように!——范彬@13907615

 

これは本物の愛。見ていて心が洗われる! 一刻も早い二人の回復を願っています。——Ebony Angel@E80NYANGEL

 

愛がウイルスに勝ちますように。——Eva@evamanz00

 

二人がよくなることを願います。頑張れ中国!——Beth Glover@BethGlover

 (了)

 ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com