switch news

不思議、面白い、感動…一歩先行く、海外のニュースをお届けします。

パラグライダー中にコンドルがやって来て、自撮り棒にとまった【動画】

f:id:switch-news:20201022083644j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

パラグライダーで空を飛ぶのは、めったにできない経験だろう。そこに大きなコンドルがやって来て一緒に飛んでくれたとしたら、貴重な経験がもっと素晴らしくなるはずだ。

 

2人乗りで飛ぶパラグライダーにコンドルが近づき、記念撮影しようとしていた自撮り棒にとまるという動画が、海外のSNSで広まっている。

 

自撮り棒にコンドルが

 

動画の最初に映っているのは、2人乗りで飛行中のパラグライダー。後ろに乗った一人が自撮り棒を使って自撮りしている。すると右上からコンドルが現れる。

 

2人のすぐそばを滑空していたコンドルは、自撮り棒にとまり、しばらく羽を休ませてから再び宙に浮き、2人の前を悠々と飛び続ける。

 


Vulture Joins Paragliders as They Soar Above Spanish Mountains

 

パラグライダーのフライトスポットとして有名なスペイン・アンダルシア州アルゴドナレスで撮影されたこの動画は、先月下旬、TikTokにアップされた。その後ネット上で広く拡散され、アメリカのソーシャルニュースサイト「Reddit」では270万回以上再生されている。

 

ガイド役として訓練された鳥

 

じつはこのコンドル、野生ではない。Scott Masonさんというパラグライダー・インストラクターが考案・実践している「パラホーキング(parahawking)」という飛び方で使われるコンドルだ。

 

コンドルは上昇気流を上手く見つけ、それに乗って空高く舞い上がる習性がある。その鳥を訓練してパラグライダーを先導させるようにすれば、パラグライダーも上昇気流に乗って高く舞い上がれる——これがパラホーキングの基本セオリーだ。

 

訓練されている、と聞いてがっかりする人もいるかもしれない。だがそれでも、ツイッターには「美しい」「クールだ」「気高さを感じる」といった賛辞が上げられている。

 

インストラクターのMasonさんは、コンドルという鳥が好きらしい。屍肉を食べるので暗いイメージがあるこの鳥に、「ポジティブな光」を当てたい、と海外メディアに話している。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

地面の草を食べるキリンの動きがまるで体操、視聴回数900万回超え

f:id:switch-news:20201021082433j:plain

Flickr_Derek Keats

キリンは、その長い首のおかげで、木の高い所にある葉を食べられる。これは他の草食動物にない利点だろう。しかし、首が長いせいで、かえって困ることもあるはずだ。

 

例えば、地面に生えた草を食べるときはどうだろう?

 

キリンの珍しいお食事シーン

 

野生のキリンが地面の草を食べる動画が最近投稿され、多くの人の顔をほころばせている。

 

「これまでキリンがどうやって草を食べるかなんて考えたこともなかったけど、その仕草には気品がある!」という投稿文と共にアップされた動画。映っているのは、開脚運動をしながら草を食べるキリンの、ユーモラスな姿だ。脚を広げ、首を下げて草を口に入れたキリンは、一旦普通の姿勢に戻ってからもぐもぐと咀嚼する。食べ終わるとまた脚を広げ、地面に首を下げる。まるで踊っているような動きだ。

 

「見事なフォーム」

 

Daniel Hollandさんというツイッターユーザーが10月12日にアップしたこの動画は、その後3日間で960万回も視聴され、20万を超える「いいね」が付いた。見た人たちは、笑いの絵文字と共にこんなコメントを返している。

 

見事なフォームだわ! ——Reese Witherspoon@ReeseW

スクワットしながら物を食べる私と同じ。——Erin Banco@ErinBanco

スポーツジムに初めて行った時の僕と同じ。——TinTin@pranit_19

キリンは私より脚が広がると知った。——Zafar Erkinboev@ZafarErkinboev

 

また、この動画に触発されたのか、返信として、他にも珍しいキリンの姿がアップされている。

 

彼ら(キリン)は、私の小さな甥のように眠る。

 

そして、これがキリンの戦い方。

 

水を飲むときもこの姿勢だとか

 

 

また、ケニアにはジラフマナーという、キリンを超身近に感じられるホテルがあるそうだ。

 

 

海外メディアによれば、キリンが食べるのは90%以上が木の葉だが、時には地面の草を食べる場合もあるとのこと。また、池や水たまりなどから水を飲むのもキリンにとっては難しいそうだ。そのため、1週間に1度程度しか水を飲まないらしい。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

飼い主が作ったベッドで、人間のように仰向けに眠るオウムが超キュート

f:id:switch-news:20201020082650j:plain

YouTube/Caters Clips

オウムのためにベッドをつくった飼い主の、なんともかわいい動画が公開されている。

 

ブラジルの女性が撮影

 

そのベッドを作ったのは、ブラジルのリオデジャネイロに住む女性、Ariel Passosさんだ。

 

彼女は飼っているオウム「Teco」のために、玩具の箱を使って小さなベッドをつくったという。

 

そしてベッドに横たえて布団をかけてあげたところ、最初は布団をかじったりしていたそうだが、そのうちに人間のように仰向けになって眠り始めたそうだ。

 


Cute Pet Parrot Sleeps In Miniature Bed

「可愛い!」「こんな姿見たことない」

 

「Teco」は生後2カ月でまだ幼いが、この小さなベッドを気に入っているとか。

 

この動画は「Caters Clips」で紹介される前に、ネットに投稿されたようだが、その際には数千回も再生されたという。

 

また「Caters Clips」の動画を見た人からも「これはとってもキュート、今までこのような姿は見たことない」や「言葉では表せない。可愛い!」「オウムが横たわって眠るなんて知らなかった」といったコメントも寄せられている。

 

確かに鳥が人間のようにベッドで眠るとは、ちょっと珍しい映像と言えるかもしれない。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

体は大きいけれど怖かった?クマが小型犬に吠えられ、ビビって逃走

f:id:switch-news:20201018213644j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

カナダで、大きなクマが小さな犬に追いかけられて、逃げていく場面が撮影された。

 

小型犬に吠えられ再び木に登る

 

この様子が撮影されたのは、ブリティッシュコロンビア州の街、ポートコキットラムにある住宅の裏庭だという。

 

クマは一旦木から下りてくるが、その家に飼われていたジャックラッセル・テリアの「Jersey」を恐れていたという。

 

実際、「Jersey」が近寄ってきて激しく吠えたてると、クマは慌てて再び木に登っていった。

 

f:id:switch-news:20201018213644j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

クマが尻餅までついてしまう

 

さらに再びクマは木から下りてくるが、今度は「Jersey」から逃げるように走り始めた。

 

しかし「Jersey」はそれに気づいて、恐れを知らずに、急いで後を追いかけていく。

 

f:id:switch-news:20201018213712j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

 

するとクマは慌てたのか、芝生に滑って尻餅を付き、その後急いで林の中へと消えていった。

 

f:id:switch-news:20201018213743j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

 

この動画は10月6日に撮影されたと見られている。小さいけれど勇敢な「Jersey」の姿を是非、ご覧いただきたい。(了)

 


Protective Jack Russell Sends Bear Stumbling Back Into British Columbia Woods

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

今年は特別な意味を持つ1冊に。イケメン消防士×動物カレンダー発売

f:id:switch-news:20201018085727j:plain

YouTube/Australian Firefighters Calendar online sales


年末が近くなってくると話題になるのが、各国で発売される変わり種カレンダーだ。オーストラリアで発売されるイケメン消防士カレンダーは、その老舗ともいえるだろう。2021年版は、いつも通り見る人を楽しませてくれるだけではなく、特別な意味を持つ一冊となりそうだ。

 

6種類のカレンダーを発売

 

10月12日(現地時間)に発売開始となったのが、2021年版のオーストラリアン・ファイヤーファイターズ・カレンダーだ。

 

消防士たちのマッチョな肉体美と、かわいらしい動物たちの両方を楽しめるシリーズで、1993年の販売開始以来、数多くの乙女心を持つ人々をときめかせてきた。

 

▼メイキング映像はこちらから


2021 Australian Firefighters Dog Calendar

 

 種類も豊富で、消防士×ワンコ、消防士×ニャンコ、消防士×動物、消防士のみ(シャツあり)、消防士のみ(シャツなし)、動物のみの6種類から、好きなものを選ぶことができる。

 

公式サイトから購入すると、1冊20オーストラリア・ドル(約1500円)+送料で購入可能だ。日本への送料は12オーストラリア・ドル(約900円)となっている。

 

お気に入りの消防士をもっと身近に感じたい!という人には、枕カバーも発売されている。

 

www.instagram.com

 

こちらの枕カバーはすでに売り切れの商品もあるため、欲しい人は早めに購入した方が良いだろう。

 

今年は特別な意味を持つことに

 

オーストラリアン・ファイヤーファイターズ・カレンダーは、火傷を負った子供たちを支援するために始まったもの。がんの子どもを支援する団体や野生動物病院などに、320万オーストラリア・ドル(約2億4029万円)を寄付している。

 

また、2021年版のカレンダーは、2019年から始まった大規模な山火事の影響で、傷ついたり住まいを失った野生動物への手厚い支援が求められていることもあり、特別な意味を持つという。

 

www.instagram.com

 

オーストラリアの野生動物を助けたいけど、イケメンを飾るのは気が引ける…という人は、動物のみのカレンダーを購入して支援してみてはいかがだろうか。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

ロシアのロケットが約3時間でISSに到着、従来の半分の時間で記録更新

f:id:switch-news:20201017083426j:plain

Twitter/NASA

ロシアで打ち上げられたロケットが、これまでの約半分の時間で、国際宇宙ステーションISS)に到着した。

 

軌道は2周しか回らなかった

 

そのロケットとは「Soyuz MS-17」。これは3人の宇宙飛行士を乗せて、10月14日5時45分(世界標準時)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたという。

 

その後、「Soyuz MS-17」は地球の周回軌道を2周で済ませ、ISSに到着。船体をステーションにドッキングした。

 

これまでは地球からISSまでは6時間かかっていたが、今回「Soyuz MS-17」はこれまでの約半分の時間、3時間3分でたどりつき、最短記録を更新したという。

 

ロシアの宇宙機関「ロスコスモス」は、2011年にスペースシャトルが引退して以来、米国の宇宙飛行士をISSに輸送する仕事をしてきたという。

 

2013年以前は到着するのに2日間

 

「Soyuz MS-17」にはロシアのコスモノートのSergey Ryzhikov氏と、Sergey Kud-Sverchkov氏、そしてNASAの宇宙飛行士であるKathleen Rubins氏が搭乗していたそうだ。

 

「Soyuz MS-17」はISSに物資を届けるために打ち上げられ、今回3人の乗組員は有人のロケットで最も早くISSに到達したことになる。

 

実は2013年以前は、地球からISSに到達するには2日間かかっていたという。それを改良し、最近までは6時間に短縮されたそうだ。

 

そして今回はさらに半分の時間で到着することができた。

 

ただ実は、以前にも人間が乗っていない輸送用のロケットも、2回しか軌道を回らずにISSにドッキングし、3時間18分で到着。今回は有人ロケットとしても最短時間になるという。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

アメリカで男性が野生のクーガーに遭遇、6分間も後をつけられる【動画】

f:id:switch-news:20201016082553j:plain

YouTube/Kunkyle z

アメリカで1人の男性がハイキングの途中、野生のクーガーに後をつけられるという、ちょっと恐ろしい動画が公開されている。

 

地元のキャニオンを登っていたら…

 

その男性とは、ユタ州の街、Oremに住むKyle Burgessさん(26)だ。

 

彼は10月10日、地元のユタ郡にあるスレイト・キャニオンをハイキングしていたという。

 

すると夕方5時頃(現地時間)、目の前に野生のクーガーの子供が出現。やがてクーガーの母親も現れ、子供を守ろうと攻撃的になり、Burgessさんを威嚇しながらも、ずっと後を追い続けてきたそうだ。その様子がこちら。

 


ORIGINAL - Cougar Attack in Utah | Mountain Lion Stalks Me For 6 Minutes!

6分間も後をつけてきた

 

Burgessさんは動画の中でも、度々大きな声を出して威嚇しているが、それでもクーガーは6分間も彼を追い続けてきたという。

 

しかし結局、彼が腰をかがめて、石を拾ってぶつけた所、クーガーは逃げていったそうだ。

 

Burgessさんはその後、この動画をインスタグラムやYouTubeに投稿。インスタグラムでは65万回以上、YouTubeでは現在までに17万回以上も再生されている。

 

動画を見た人物は、Burgessさんが背中を見せず、彼自身を大きく見せようとし、多くの声を出していたこと、全てが正しい対処の仕方だったと述べているという。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com