switch news

不思議、面白い、感動…一歩先行く、海外のニュースをお届けします。

ゴールキーバーが蹴った球、96m飛んで直接相手ゴールに、ギネス世界記録認定【動画】

f:id:switch-news:20210125081843j:plain

YouTube/Cheltenham Town FC

イギリスのプロサッカーリーグの試合で、ゴールキーパーが蹴った球が直接相手のゴールに入り、最長ロングシュートのギネス世界記録に認定された。

 

ゴールキックが敵のゴールへ

 

それは1月19日、イギリス・チェルトナム市にあるジョニー・ロック・スタジアムで行われた「チェルトナム・タウンFC」対「ニューポート・カウンティAFC」の試合中に起こった。

 

チェルトナム・タウン側のシュートが失敗に終わり、ニューポート・カウンティ側のゴールキックからプレイ再開に。ゴールキーパーのTom Kingは特に気負うこともなく、いつも通り敵陣深くに向けて蹴った。

 

ところが、その球はうまく風に乗り、敵選手たちの頭上を超え、大きくバウンドしてゴールへと向かう。チェルトナム・タウンゴールキーパーJosh Griffithsは、まさか、と思っていたようだ。伸ばした手が届かず、球はゴールに入った。

 

その場面を、チェルトナム・タウンFCYouTubeで公開している。(冒頭の27秒間。それ以降は同じ試合中のハイライトシーン)


Highlights: Cheltenham Town 1-1 Newport County AFC

最長ロングシュートとしてギネス世界記録に

 

Tom Kingがゴールキックした地点から、相手方ゴールまでの距離は96.01mになる。この数字はこれまでの記録を超えるのではないか、という話が、試合後、関係者の間で出ていたらしい。

 

これまでの最長ロングシュートのギネス記録は91.9m。同じニューポート・カウンティAFCに所属するゴールキーバー、Asmir Begovicが2013年11月に打ち立てたものだ。

 

試合から2日後、ギネス世界記録は、Tom Kingのゴールを最長ロングシュートとして公式に認定した。

 

ちなみに、サッカーフィールドの大きさはスタジアムによって違いがあり、ゴールキックが直接相手のゴールに入った場合でも、球が飛んだ距離は必ずしも同じではない。FIFA(国際サッカー連盟)の規定では、フィールドの長辺が90m〜120m、短辺が45m〜90mと決められている。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

骨折した飼い主に同情?真似をして足をかばって歩くワンコが可愛い

f:id:switch-news:20210124074211j:plain

YouTube/RM Videos

足を骨折した飼い主に同情するかのように、片方の前足だけで歩くワンコの動画がSNSに投稿され、注目されている。

 

飼い主と同じように歩くワンコ

 

その動画をフェイスブックに投稿したのは、イギリスで暮らすRussell Jonesさんだ。

 

動画には、足にギプスをしたJonesさんが松葉杖をつきながら歩いていき、飼い犬の「Bill」が後からついていく様子が映っていた。

 

しかも「Bill」も、なんと左前足を持ち上げ、かばうようにしながら右前足だけで歩いて行った。

 


Dog Pretends To Walk With A Limp Like Their Injured Owner Out Of Sympathy - 1171077

レントゲンの検査でも異常は見つからず

 

Jonesさんはその後、「Bill」を動物病院へ連れて行き、診察してもらったという。

 

しかしレントゲンで検査をしても、「Bill」の足には異常が見つからなかったそうだ。

 

このためJonesさんは、フェイスブックに「動物病院でのX線と診察の費用で300ポンド、でもどこも悪くはなく、ただ同情からだった」とコメントした。

 

研究でも飼い主を真似ることを確認

 

もっとも「Bill」がJonesさんに本当に同情したかは分からない。ただ、この動画を見た人からは、好意的な意見が多く寄せられたそうだ。

 

また犬が飼い主の行動を真似る行為は、2011年の研究でも確認されており、その時も犬が群れのリーダー(人間も含む)がしたことを真似する傾向にあると報告されたという。

 

ただ犬の専門家は、「Bill」が実際に足に痛みを抱えている可能性もあるため、別の獣医に見てもらい、セカンド・オピニオンを求めてはどうかと提案している。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

超危険!巨大な滝の上から撮影した女性の動画が怖すぎる

f:id:switch-news:20210123081228j:plain

Instagram/mairisloc

ある女性がインスタグラムに、滝の上から撮影した動画を投稿し、危険すぎるとして非難を浴びている。

 

ビクトリアの滝の上から撮影

 

その女性とはインスタグラム・ユーザーの「Amairis Rose」さん(25)。

 

修士課程の大学院生である彼女は、休暇でアフリカのザンビアへ行った際、巨大な「ビクトリアの滝」にある「Devil’s Pool」という場所を訪れたという。

 

そこで「Rose」さんは滝の端へ行き、その下を覗き込むような動画を撮影。それを昨年12月にインスタグラムに投稿した。(右矢印で2枚目に動画がある)

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Mairy Rose 🌹 (@mairisloc)

www.instagram.com

批判的な意見が多く寄せられる

 

その後、この動画を見た多くの人が驚き、4万2000人から「いいね」が贈られることに。

 

しかしユーザーの中には、「フォロワーを増やすために、このような危険な投稿をするべきではない」といった趣旨の意見も寄せられたという。

 

実際に次のようなコメントが寄せられているそうだ。

 

Amairisは「いいね」のために、命を危険にさらすような影響を、若い人たちに与えている

 

彼女はただ注目をされるためだけに、向こう見ずになった。私にはこのようなナンセンスなことを議論する気力はありません。

 

これとまったく同じことをして、人が死にました。こんな危険な行為は、あなたの家族にとって無意味です。どうか止めてください。

 

 今までも注目されるような動画を撮影するために、多くの人が命を落としている。このような行為はしないほうがいいだろう。(了)

 

ブックマークは本サイトと連動しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

サハラ砂漠に降る雪、地上に美しい模様を描く

f:id:switch-news:20210122095310j:plain

YouTube/Storyful Rights Management

先日、アフリカにあるサハラ砂漠に雪が降り、なんとも不思議な模様が地上に描かれた。

 

気温がマイナス3℃になる

 

1月17日、アルジェリアの街、Ain Sefraでは気温がマイナス3℃に低下し、サハラ砂漠に雪が降ったという。

 

その様子を写真家のKarim Bouchetataさんが撮影。珍しい景色を動画でとらえた。

 

実際、公開された動画には、雪や凍った氷が砂漠の風紋に残され、なんとも美しい模様が描かれたそうだ。


Beautfiul Patterns Form As Snow and Ice Thaws in the Sahara

42年間に3回、雪が降る

 

この街があるナーマ県では、これまで42年間に3回、1979年と2017年(厳密には2016年12月)、2018年に雪が観測されたという。

 

1979年の雪は激しく吹き荒れ、交通がストップする事態に。2017年にも多くの雪が降り、1mほど積もった場所もあったと言われている。

 

Ain Sefraは「サハラの入口」とも呼ばれ、海抜は約1000m。周囲は高い山に囲まれているという。また1月は1年で最も気温が低く、平均気温は14℃、夏は平均38℃にもなると言われている。

 

当サイトでも以前、この地域の雪について記事にしているので、是非ご覧いただきたい。(了)

 

switch-news.com

switch-news.com

 ブックマークボタンは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

米の動物園で生まれたサルの赤ちゃん、気持ちよくお風呂に入る姿が可愛い

f:id:switch-news:20210121080520j:plain

Instagram/philadelphiazoo

アメリカの動物園で、サルの赤ちゃんが生まれ、気持ちよさそうにお風呂に入っている可愛い動画が撮影された。

 

昨年の12月にサルの赤ちゃんが誕生

 

その動物園とはペンシルベニア州にある「フィラデルフィア動物園」だ。

 

ここでは昨年12月13日、「フランソワルトン(François' langur monkey)」と呼ばれるサルのメスの赤ちゃんが誕生。ベトナム語で「貴重」を意味する「Qúy Báu」という名前が付けられた。

 

そして先日、「Qúy Báu」が気持ちよくお風呂に入ったり、ドライヤーで乾かされたり、ミルクを飲んだりする、可愛い様子が撮影された。

 

www.instagram.com

最初は育児放棄されてしまう

 

フィラデルフィア動物園」によれば、「Qúy Báu」は母親の「Mei Mei」と父親の「Chester」との間に生まれた初めての子供だという。

 

また「Qúy Báu」はこの動物園で生まれた「フランソワルトン」の最初の赤ちゃんでもあるという。

 

しかし生まれたばかりの頃、母親の「Mei Mei」は娘のそばに付き添わず、育児放棄のような状態になっていたそうだ。

 

ただ初めて子供を出産する母親には、このようなことは決して珍しいことではないとか。

 

このため動物園のスタッフが「Qúy Báu」をお風呂に入れて体をきれいにし、また食事も与えたという。

 

そして今では、母親と「Qúy Báu」は絆を取り戻し、家族で仲良く暮らしているそうだ。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

その手があったか!車内でマックを食べる時のライフハック

f:id:switch-news:20210120070423j:plain

TikTok/cristianliberti

車の中でマクドナルドを食べる時、置く場所に困ったり、ポテトをこぼしてしまったりしたことはないだろうか?

 

それを解決するシンプルな方法が、ネットで紹介されている。

 

動画を撮影しTikTokで紹介

 

その投稿を行ったのは、モデルでダンサーのCristian Libertiさんだ。

 

オーストラリアのシドニーに住むLibertiさんは、先日車内でマクドナルドの商品を食べる際の便利な方法を撮影、TikTokで紹介した。

 

Libertiさんはハンバーガーの箱を広げ、片方にポテトを投入。さらに箱の中央にドリンクのストローを刺して、コンパクトにまとめてしまった。

@cristianliberti

kinda life changing kinda not

♬ original sound - cristian

動画は30万回以上も再生

 

Libertiさんはこの動画を1月6日にTikTokに投稿したが、その後注目を集め、現在までに30万回以上も再生されたという。

 

また動画を見た人からも「これはシンプルね」や「暮らしを変えるものだ!」「もっと早く知っておけばよかった…」といった声が寄せられたそうだ。

 

ただ一部のユーザーからは「この方法は数十年前から使っている」や「知っていた」といった意見も寄せられたとか。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com

不運なシラサギ、サイの強烈なおしっこを全身に浴びてしまう【写真】

f:id:switch-news:20210119081748j:plain

Instagram/raj_kenya

アフリカで、ちょっと運の悪かったシラサギのユニークな写真が撮影された。

 

ケニアの国立公園で撮影

 

この写真を撮影したのは、ケニア共和国・ナイロビ出身の写真家であるNagaraj Tilakrajさん(40)だ。

 

彼によれば、家族とともに「ナイロビ国立公園」へ行った時に、大きなクロサイの背後に、シラサギがいるのを目撃したという。

 

その時、サイが後ろに向かっておしっこを飛ばし、それを背後にいたシラサギが浴びる様子をカメラでとらえた。

 

www.instagram.com

約4mも後ろへ尿を飛ばせる

 

そもそもサイは陰茎が湾曲しているために、後ろに向かっておしっこをし、時には16フィート(約4.8m)も飛ばすことができるという。

 

またシラサギとサイの関係も深く、シラサギはサイの背中に乗って、体についたノミや、害になる虫などを食べて掃除してくれるそうだ。

 

さらに、シラサギは近視のサイに、捕食者が接近した時に警告するとも考えられている。

 

この写真は1月15日に、Tilakrajさんのインスタグラムに投稿され、見た人からも「まさにタイムリーな写真だ!」や「素晴らしい瞬間(笑&涙)」「なんて写真なんだ!(笑&びっくり)」といったコメントが寄せられた。(了)

 

ブックマークは本サイトと連携しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

switch-news.com

switch-news.com